青森県五所川原市のビジネスホテル

お問い合わせ ENGLISH
周辺観光

周辺観光

奥津軽の観光案内 四季いろいろ
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

春

  • 金木桜まつり

    金木桜まつり

    「日本さくら名所100選」にも選ばれた津軽随一の桜の名所《芦野公園》。 津軽鉄道が桜のトンネルをゆっくりと進む様は、金木のさくらまつりでしか味わえない演出です。 6月19日には全国から作家太宰治のファンが集まり、「生誕祭」が行われます。 芦野公園の登仙岬には、太宰が愛誦していたヴェルレーヌの詩「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」が刻まれた記念碑が建てられています。

    場所 芦野公園(芦野池沼群県立自然公園)
    時期 4月29日~5月5日
    アクセス 当館から車で約30分
    津軽鉄道で津軽五所川原駅より
    芦野公園駅下車 約30分
  • 弘前さくらまつり

    弘前さくらまつり

    日本のさくら名所100選、人と自然が織りなす日本の風景百選に選ばれています。 ソメイヨシノを中心にシダレザクラ・八重桜など50種類2600本の桜が咲き誇ります。

    場所 弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」)
    時期 4月23日~5月5日
    アクセス 当館から車で約45分
  • 北限の梅

    北限の梅

    五所川原市街地から車で約20分の《津軽フラワーセンター》には2,000本にも及ぶ梅林があり、4月下旬「北限の梅」が咲き誇ります。

    場所 津軽フラワーセンター
    時期 4月下旬
    アクセス 当館から車で約20分
  • 赤~いりんごの花

    赤~いりんごの花

    五所川原市の特産品、皮はもちろん果肉や花、枝、若葉まで赤い「赤~いりんご」(品種名:五所川原)。
    市内一ツ谷地区にある全長1㎞に赤~いりんごが植栽され、春には真っ赤な花が楽しめ、秋には小ぶりで可愛らしい実をつけます。

    場所 赤~いりんごの並木道
    五所川原市農業センター
    時期 花5月 果実9月
    アクセス 当館から徒歩15分(赤~いりんごの並木道)
  • 奥津軽虫と火まつり

    奥津軽虫と火まつり

    市内各地から、木彫りの「龍の頭」に稲わらで編んだ胴体の「虫」達が集まり、悪疫退散と五穀豊穣を願い市街地を練り歩きます。 松明御輿を担いだ白装束の若者達がそれに続きます。この祭りが終わると、五所川原にも夏が訪れます。

    場所 五所川原駅前から岩木川河川敷
    時期 6月
    アクセス 当館から車で約5分
  • 津軽富士見湖(鶴の舞橋)

    津軽富士見湖(鶴の舞橋)

    青森ひば造りの鶴の舞橋は全長約300m。 木造三連太鼓橋としては日本一の長さを誇ります。

    場所 鶴田町廻堰
    TEL 0173-22-2111(鶴田町産業観光課)
    時期 12月~3月は積雪などで通行不可
    アクセス 当館から車で約30分
    JR陸奥鶴田駅から車で10分

夏

  • 五所川原花火大会

    五所川原花火大会

    「水と光と音の祭典」をテーマに音楽や証明、噴水を駆使した演出でスターマインを中心に約5,000発が打ち上げられます。

    場所 岩木川河川敷
    時期 8月3日
    アクセス 当館から車で約7分
  • 立佞武多

    立佞武多

    「ヤッテマレ、ヤッテマレ」の掛け声と囃子で盛り上がる五所川原の夏祭り「立佞武多」。 高さ約22m、総重量約16tの巨大なねぷたは、毎年多くの観光客を魅了しています。

    場所 五所川原市街地
    時期 8月4日~8月8日
    アクセス ELMショッピングセンターから
    立佞武多会場までシャトルバス臨時運行(有料)
  • 津軽金山焼

    津軽金山焼

    金山の大溜池に蓄積した粘土を使い、中世の陶質土器である須恵器の影響を受けた「津軽金山焼」は、 多くの愛好者や陶芸ファンで賑わっております。旅の思い出に陶器作りを体験できる陶芸教室が大好評。 春と秋には「陶器祭り」が開催されます。

    場所 通年 ・ 7月 五所川原世界薪窯大会
    8月 炎のフェスタ
    HP http://www.kanayamayaki.com/
    アクセス 当館から車で約15分
  • 高山稲荷神社

    高山稲荷神社

    五穀豊穣や海上安全などの神を祀る神社。 日本庭園内に無数の朱塗りの鳥居があり、境内の奥には「千本鳥居」があることで知られています。

    場所 つがる市牛潟町
    営業時間 8時~16時
    アクセス 当館から車で約36分(米マイロード経由)
  • 立佞武多の館

    立佞武多の館

    高さ22メートルの「立佞武多」が常時展示されており、祭りの迫力を1年中楽しめます。 館内では、金魚ねぷた体験や立佞武多の製作を見学でき、最上階の展望ラウンジでは津軽平野を一望しながら食事を楽しめます。

    営業時間 4月〜9月 AM9:00~PM7:00
    10月〜3月 AM9:00~PM5:00
    休館日 8/4〜8 8/13 12/31 1/1
    TEL 0173-38-3232
    HP http://www.tachineputa.jp/
    アクセス 当館から車で約5分
  • 斜陽館

    斜陽館

    金木町は作家太宰治の出身地。大地主であったその生家が今も保存され、 太宰治記念館“斜陽館”として公開されています。 奥津軽には他にも太宰にまつわる場所があり、太宰文学に触れる旅が楽しめます。

    時期 通年
    HP http://dazai.or.jp/modules/contents/class-a01.html
    アクセス ホテル~車20分
    津軽鉄道35分(金木駅)~徒歩7分
  • 津軽三味線会館

    津軽三味線会館

    津軽三味線発祥の地、金木町。この地に、津軽三味線の祖とされる「仁太坊」こと秋元仁太郎が生を受けました。 津軽三味線会館では、展示・生演奏・体験などが楽しめます。

    時期 通年
    HP http://www.kanagi-gc.net/syami/
    アクセス 当館から車で約20分
    津軽鉄道35分(金木駅)~徒歩10分
  • 亀ヶ岡遺跡

    亀ヶ岡遺跡

    奥津軽では縄文時代の繁栄を窺わせる遺跡が数多く発見されています。 中でもつがる市の「石神遺跡」や国の重要文化財遮光器土偶の見つかった「亀ヶ岡遺跡」などは有名です。

    TEL 0173-42-2449(つがる市商工会)
    アクセス 当館から車で約45分

秋

  • 旧平山家住宅

    旧平山家住宅

    代々津軽藩広田組代官所の手代を勤め、廃藩当時は大庄屋でもあった平山家の住居です。 江戸時代の上層農民の生活様式をほぼ原形のまま伝えております。

    営業時間 AM9:00~PM4:00
    休館日 毎週月曜、祝日の翌日、年末年始
    TEL 0173-34-8870(旧平山家管理人室)
    時期 4月下旬
    アクセス 当館から車で約20分
  • 楠美家住宅

    楠美家住宅

    市民の憩いの場をして人気の高い「狼野長根公園」に、明治の豪農の象徴である楠美家住宅が移築され、 無料開放されています。当時の生活用具や、古代の陶質土器「須恵器」が展示されています。

    入館料 無料
    営業時間 AM9:00~PM4:00
    TEL 0173-29-3575(楠美家住宅)
    時期 4月~11月開館(12月~3月は休館)
    アクセス 当館から車で約13分
  • ごしょがわら産業まつり

    ごしょがわら産業まつり

    実りの秋を迎えた10月、五所川原市の物産が大集合。収穫したばかりのりんごや野菜、花などの農産物、特産加工品などが展示、販売されます。

    場所 つがる克雪ドーム ビッグウィング
    時期 10月中旬~下旬
    アクセス 当館から徒歩5分
  • 日本一の大いちょう

    日本一の大いちょう

    樹齢1000年以上、高さ31m幹周り22m
    沢山の気根、乳垂から「垂乳根のイチョウ」ともよばれています。
    夜間ライトアップ「ビックイエロー」は全体が黄金色に輝き幻想的です。

    場所 深浦町北金ヶ沢
    TEL 0173-74-4412(深浦町観光課)
    時期 夜間ライトアップ:11月中旬~12月上旬
    アクセス 当館から車で約60分
    JR北金ヶ沢駅から徒歩6分

冬

  • 津軽鉄道 ストーブ列車

    津軽鉄道 ストーブ列車

    吹き荒れる地吹雪も、降り続けるドカ雪にも負けずに走り続ける「ストーブ列車」。 ストーブで焼いたするめで日本酒を味わいながら、ゆったりのんびり津軽の冬を堪能できます。

    場所 津軽鉄道
    時期 12月~3月
  • ゴニンカントランプ世界選手権大会

    ゴニンカントランプ世界選手権大会

    6人のプレーヤーが座布団を囲み、「よみ」と「かけひき」が交わされます。津軽地方独特のトランプゲームです。

    場所 五所川原市市民体育館
    時期 1月中旬
    アクセス 当館から車で約10分
  • スコップ三味線

    スコップ三味線

    スコップを三味線に見立て、栓抜きをバチ代わりに曲に合わせて激しく打ち鳴らすスコップ三味線は、気軽に楽しめるパフォーマンスとして話題を呼んでいます。
    近年は、12月に「スコップ三味線世界大会」が開催されております。

    時期 12月 スコップ三味線世界大会
    TEL 0173-34-2339(ライブハウス ラブポーション)
  • 地吹雪体験ツアー

    地吹雪体験ツアー

    青森・津軽の厳寒の中を、地吹雪体験をしながら巡るという雪国ならではのユニークな体験ツアーです。 地面に積もった雪が強風で舞い上がる津軽名物の「地吹雪」を、体験してみてはいかがですか?

    時期 冬期
    TEL 0173-52-2012(津軽地吹雪会)